コンプレックスだった歯並びは立川の矯正歯科ですっきり綺麗に

矯正歯科

子どもの矯正いつから始めるのがベスト?

子どもの歯が生え揃ってくると、歯並びが気になりだす親も多いのではないでしょうか?大人になってから矯正歯科に通うのは、費用もかかりますし、治療時間を確保するのも難しくなります。できれば、子どものうちに治療を開始したいですよね。では、子どもが矯正治療を始めるのに最適な時期はいつなのでしょうか?
一般的に、子どもの矯正治療は第1期と第2期に分かれ、第1期は乳歯と永久歯が混在している10歳くらいまでの子どもを対象とし、第2期は永久歯が生え揃った小学校高学年以降の子どもを対象とします。第1期から始める場合は、顎の発達を見ながら歯並びを整える床矯正という方法があります。歯の裏側に装置をつけ、食事や歯みがきの際は取り外すことができるので、比較的子どもの負担が少ない治療法といわれています。しかし、子どもが自分で付け外しできるので、食事の後も外しっぱなしになってしまったりすると、矯正の効果が出ません。
一方、第2期の治療は、基本的に大人と同じ矯正方法になりますが、子どもは歯が動きやすいので、成人になってから治療を始めるよりも治療期間が短くて済むという利点があります。第1期の治療では、歯みがきのフォローなど親がかかわる部分も多いですが、第2期になれば、子どもも自分で自分の歯の管理を行うことが可能になります。以上のことを考えると、矯正を始めるタイミングは小学校中学年~高学年頃がベストではないでしょうか。

信頼できる矯正歯科探し

40代半ば男性です。子供が歯並びが悪く数年前に歯科矯正しました。当時子供は小学校低学年でしたが…

MORE ▶

矯正歯科で治療する必要性について

歯並びが悪いと見た目が悪いだけではなく、歯磨きの時、歯ブラシがかみ合わせの悪い部分に届かない為…

MORE ▶

何故歯並びを良くするのか

日頃の会話や面接など、人と向かって話をする際、目を見て話をしますか?それとも口元でしょうか。大…

MORE ▶